【香港・注目株】旅行関連株、中国アルミ、建設銀、CNOOC

香港株式市場での主な注目銘柄は 以下の通り。株価と株価指数は前営業日の取引終値。ハンセン指数は

0.4%安の20889.01。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.9%安の

11670.39。

旅行関連株:政府はウェブサイトを通じ、香港の住民に対してフ ィリピンへの「すべての旅行を避ける」よう呼び掛け、既に現地入り している団体旅行グループに対しては出来るだけ早期に帰国するよう 求めた。マニラで23日発生したバスジャック事件で、警官隊による突 入の際に人質となっていた香港からの観光客8人が死亡。これを受け て渡航警報「ブラック」が発令された。

ホテルへの投資も手掛ける旅行サービス会社、星晨集団(542HK) は4.6%高の20.7香港セント。昨年の収入の11%をフィリピンで稼い だ高級ホテル運営会社シャングリラ・アジア(69 HK)は0.4%高の16.68 香港ドル。複数のマニラ便を毎日運航しているキャセイ航空(293 HK) は1.5%高の19.74香港ドル。

中国アルミ(チャルコ、2600 HK):中国のアルミニウム生産最大 手、中国アルミの4-6月(第2四半期)決算は、純損益が9600万元 の赤字となった。同社の1-6月(上期)決算報告を基にブルームバ ーグが算出した。昨年4-6月期は16億元の赤字。今年1-3月(第 1四半期)は6億2700万元の黒字だった。株価は0.9%安の6.55香 港ドル。

中国建設銀行(939 HK):時価総額で世界2位の銀行、中国建設銀 行の信託会社を通じた融資の残高は6月末時点で1800億元だった。同 行の郭樹清会長が明らかにした。株価は1.1%安の6.47香港ドル。

中国海洋石油(CNOOC、883 HK):海洋油田開発で中国 最大手、中国海洋石油は2020年までに南シナ海の海底油田プロジェク トに500億ドルを投じる計画だ。石油換算で30億バレル相当の埋蔵量 の獲得を目指す。周守為副社長が語った。株価は0.6%安の13.18香 港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE