「無謀」とJT志水副社長、来年度増税-ライバルPMも同調

たばこ販売数量世界3位JTの志 水雅一副社長は24日、来年度税制でのたばこ増税に反対する意向を表 明した。たばこは今秋の大幅増税が目前に迫っており、需要動向を分析 する前でのさらなる増税は「無謀だ」と強調した。

財務省での2011年度税制改正要望のヒアリング後に志水副社長は 記者団に対して、10月の大幅増税でたばこ需要が減少する見通しを示し た。増税は、1本3.5円で現在300円の「マイルドセブン」は410円、 「セブンスター」は440円に値上がりする。この値上げを踏まえ、まず 消費動向を見極めることが必要だとしている。

同じヒアリングに参加した、たばこ世界首位フィリップ・モリス (PM)のフレデリック・デウィルドゥ日本法人社長も「先進国で前例 のない大幅な増税が行われると、消費者の行動に大きな影響が及ぶと考 えられる」と述べ、増税反対でJTに足並みをそろえた。JTの今期 (2011年3月期)純利益は、たばこ増税などで前期比で3.9%減少する 見通しだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE