米国の留出油在庫:27年ぶり高水準に増加か、相場に影響も-調査

米国のヒーティングオイル(暖房 油)とディーゼル油の在庫が先週、27年ぶりの高水準に達したとの見 方が、ブルームバーグ・ニュースがアナリストを対象に実施した調査 で示された。景気回復の鈍化で需要が抑制されたことが要因とみられ ている。

米エネルギー省の25日の発表を前に、ブルームバーグがアナリス ト13人を対象に実施した調査の中央値によると、ヒーティングオイル やディーゼル油を含む留出油の在庫は20日終了週に100万バレル (0.6%)増加したと見込まれている。前週の在庫は1億7420万バレ ルだった。予想通りなら、在庫がこれほどの高水準に達するのは1983 年1月以来で、当時は米国がリセッション(景気後退)を脱した2カ 月後だった。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)の アナリスト、ティム・エバンス氏は「在庫が高水準にあることに加え 需要が引き続き軟調なため、ヒーティングオイル価格の通常の季節的 な上昇トレンドが中断するリスクがある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE