豪ドルとNZドル:対円で約1カ月ぶり安値近辺-世界の成長鈍化懸念

24日の外国為替市場で、オース トラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルは対円で約1カ月ぶ り安値近辺での取引となっている。世界の成長鈍化で高利回り資産へ の投資意欲が減退すると懸念された。

豪ドルは対米ドルで7月以来の安値付近で推移。豪州輸出の半分 以上を占める商品の相場が23日に4営業日続落したことが嫌気され た。同日の取引では、日本の政府・日銀が円高阻止で為替市場に介入 する可能性は低いとの見方から豪ドルとNZドルは対円で下落した。

ニュージーランド銀行の為替ストラテジスト、マイク・ジョーン ズ氏(ウェリントン在勤)は「米国と、恐らくは世界経済が二番底に 陥るとのこのところの懸念から、売りが優勢となりつつある」と指摘。 「商品相場も高騰が一服し、豪ドルやNZドルへの新たな重しとなっ ている」と述べた。

豪ドルはシドニー時間午前9時18分(日本時間同8時18分)現 在、対円で1豪ドル=75円72銭。ニューヨーク時間前日遅くは75 円90銭だった。23日は一時75円53銭と、7月20日以来の安値付 近となっていた。対ドルでは1豪ドル=0.8899米ドル。前日は1豪 ドル=0.8913米ドルだった。

NZドルは、1NZドル=60円03銭と前日遅くの60円18銭か ら下落。一時は7月6日以来の安値近辺の60円02銭を付けた。対米 ドルでは0.2%安の1NZドル=0.7055米ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE