銀行の利益7-9月に減少も、長引くトレーディング低迷で-ボーブ氏

銀行の7-9月(第3四半期)の 利益は、トレーディングの事業環境の低迷が長引いていることから減 少する可能性がある。ロッチデール・セキュリティーズのアナリスト、 リチャード・ボーブ氏がこうした見方を示した。

ボーブ氏は23日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビュー で、「トレーディング環境は非常に劇的、迅速な回復とはならないだろ う」と述べた。

同氏は、7月のトレーディングは「6月と同様に悪く、その6月 は極めて悪い月だった」と指摘。また、「8月前半も7月と同様に良く なかった。9月にさほど多くの営業日があるわけでもない」と語った。

米ゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェース、 バンク・オブ・アメリカ(BOA)は、4-6月(第2四半期)のト レーディング収入がそろって前期比3割以上減少した。

ボーブ氏は、10-12月(第4四半期)については、企業の合併・ 買収(M&A)回復を背景にトレーディングが持ち直す可能性を指摘 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE