ブラジル:次回会合は金利据え置きの公算、利上げは来年-中銀調査

ブラジル中央銀行は政策金利を年 内変更せず、利上げを来年1月に再開する-。同中銀が実施した調査 でエコノミストらがこうした見通しを示した。

ブラジル中銀は23日、エコノミスト約100人を対象に実施した 20日付の調査の予想中央値を公表した。それによれば、7月まで3会 合連続で利上げを決定した同中銀は、今月31日から2日間の日程で 開く次回会合では政策金利を現行の10.75%に据え置き、来年1月に

11.25%に引き上げるとみられる。

次回会合の見通しについては、1週間前は11%への利上げが見込 まれていた。

指標となるIPCA-15指数でみたインフレ率は8月中旬まで の1カ月で年率4.4%に低下。1月以降で初めて中銀目標の4.5%を 下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE