日経平均昨年5月来の9000円割れ、円高不安で景気敏感売り

東京株式相場は3日続落。日経平 均株価は終値で昨年5月1日以来、約1年4カ月ぶりに9000円を割り 込んだ。米国でこの日発表される中古住宅販売統計の落ち込みへの警戒 や為替の円高進行が嫌気され、輸出や資源、海運など世界景気に対する 感応度の高い業種を中心に売られた。

日経平均株価は前日比121円55銭(1.3%)安の8995円14銭、T OPIXは同7.06ポイント(0.9%)安の817.73で取引を終え、終値 では連日の年初来安値。東証1部33業種の下落率上位には鉱業や非鉄 金属、ゴム製品、精密機器、機械、海運などが並んだ。

みずほ投信投資顧問の荒野浩理事は、米経済が再び落ち込むとの不 安を背景に「米長期金利の低下が止まらず日米金利差が縮小、円高・ド ル安を進行させている。日本株安につながるこうした構図を覆すのは容 易でない」と指摘。欧州財政問題もくすぶり、「ユーロ売りが再び加速 しつつあることも気掛かり」とした。

景気後退への根強い警戒で23日の米国株相場は下落、24日には全 米不動産業者協会(NAR)の7月の中古住宅販売件数が発表予定。住 宅購入者向け税控除終了に伴う市場の落ち込みを背景に、エコノミスト の予測中央値は前月比14%減と大幅な減少が予想されている。

往復びんた

世界的に景気減速の兆候が出ていることから、外国為替市場ではリ スク回避目的の円買いが優勢となった。24日の東京外国為替市場では 円が一段高となり、対ユーロで一時1ユーロ=107円22銭と、2001年 11月15日以来の高値を付けた。対ドルでは1ドル=84円86銭まで円 高が進んだ。

カブドットコム証券の山田勉マーケットアナリストは、「日本では 政策当局の無為無策もあって、為替市場での円高・ドル安、円高・ユー ロ安といった日本の輸出企業に対する『往復びんた』が収まる兆しを見 せない」と嘆いていた。

きょうの日経平均は、朝方に一時133円安の8983円まで下げ幅を 広げた後、下げ渋る場面も多く見られた。大和証券キャピタル・マーケ ッツ金融証券研究所の西村由美次長によると、「為替の円高傾向以外に 新たな悪材料は出ていないこともあり、節目の9000円割れ局面では一 部年金資金によるリバランスや個人投資家の押し目買いが入った」よう だ。しかし買い支える力は弱く、取引終了にかけてはじり安となった。

東証1部の売買高は概算で15億1009万株、売買代金は1兆363億 円。騰落銘柄数は値下がり1057、値上がり468。業種別33指数は30業 種が下げ、医薬品、水産・農林、電気・ガスの3業種が高い。

ソニーや日触媒に売り、ディフェンシブ株は高い

個別では、ソニーが3日続落し約1カ月ぶりの安値。台湾最大の液 晶表示装置(LCD)メーカーである奇美電子は23日、液晶テレビ 「ブラビア」などが同社の米国での特許を侵害しているとし、ソニーを 米連邦地裁に提訴した。公募増資の実施を発表した日本触媒は希薄化懸 念で急落し、年初来安値を更新した。13日時点の信用倍率が16倍に達 していたレオパレス21が東証1部下落率トップ。クレディ・スイス証 券が投資判断を弱気に下げた野村不動産ホールディングスも大幅安。

半面、低価格メニューの人気で、10年8月期の連結営業利益が前 期比約5割増の140億円程度と、2期連続で過去最高を更新する見通し と24日付の日本経済新聞朝刊で伝えられたサイゼリヤが5営業日ぶり に反発。低価格回転ずしのくらコーポレーションも連想買いで高い。第 一三共や東京ガス、北海道電力、日本水産など景気動向の影響を受けに くいディフェンシブ銘柄の一角も高い。

国内新興3市場は、ジャスダック指数が前日比0.1%安の47.99、 東証マザーズ指数は2.8%安の366.53、大証ヘラクレス指数は1.2%安 の559.99と、そろって下げた。個別では、エイチアイ、インフォコム、 サイバーエージェント、日本風力開発が下落。半面、フェローテック、 エヌ・ピー・シーといった太陽電池関連銘柄が買われ、ラ・パルレ、ア ズジェントも高い。

-- Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE