米アップル幹部のディバイン被告が裁判所に保釈請求-50万ドルで

アジアの取引先に部外秘の製品情 報を漏らして少なくとも100万ドル(約8500万円)の見返りを受けて いたとして起訴された米アップル幹部のポール・ディバイン被告は、 カリフォルニア州の連邦地裁判事に保釈を請求した。

20日付の裁判所への請求によると、同被告は50万ドルの保釈保 証書に加え、外国銀行口座にある資金を差し出すことを提案した。保 釈保証書は同被告の自宅と母親の自宅が担保となり、これらの正味価 値は総額約57万5000ドル。裁判所命令による保釈に関する報告書は、 母親の自宅を担保とする30万ドルの保釈保証書での保釈を認めるよ う勧告した。

ハワード・ロイド治安判事による保釈査問会は23日に予定されて いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE