中国アルミ:4-6月期は約12億円の赤字、コスト増と価格下落で

中国のアルミニウム生産最大手、 中国アルミ(チャルコ)の4-6月(第2四半期)決算は損益が赤字 となった。赤字決算は過去6四半期で4度目。コスト増加と価格下落 が響いた。

チャルコが発表した1-6月(上期)決算を基に算出すると、 第2四半期の純損失は9600万元(約12億円)。前年同期は16億 元の赤字、2010年1-3月(第1四半期)は6億2700万元の黒字 だった。

エッセンス・セキュリティーズのアナリスト、ヘン・クン氏は、 「電力コストが上昇した一方でアルミ価格が下落したため、5月は中 国のほぼすべてのアルミメーカーの業績が不振となった」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE