欧州各国の歳出削減は成長の重し、格下げリスク高める-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・ インベスターズ・サービスは、欧州債務危機の余波である域内各国 政府の歳出削減が、経済成長の重しとなるとともに、各国の信用格 付けの引き下げリスクを高めると指摘した。

ムーディーズは、23日発表した欧州ソブリン見通し半期報告 で、「財政面での課題の大きさや緊縮財政を数年間続ける必要性を 考慮し、経済成長へのリスクは明らかに下振れ方向だとの結論に達 した」とした上で、これらは「ソブリン格付けに対しても下方向の リスクをもたらす」と続けた。

ムーディーズは、ギリシャとポルトガル、アイルランドの格下 げ決定について、弱い成長見通しが「重要な要因」だったと説明し た。同社はスペインについても、現行の最上級格付けを引き下げ方 向で見直すと6月に発表している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE