中国建設銀:簿外融資の帳簿計上、大きな影響なくリスクも小さい

時価総額で世界2位の銀行、中 国建設銀行は、簿外融資をバランスシート上に戻すよう政府が命じた ことについて、同銀の財務内容には大きな影響はないとの見方を示し た。

同行幹部が23日、北京で記者団に語ったところによると、信 託会社に移管した融資をバランスシートに戻すことに伴う追加リスク は「非常に小さい」と述べた。こうした融資の残高は6月30日時点 で1800億元(約2兆2550億円)、このうち1200億元が来年に 返済期限を迎えるという。

米格付け会社フィッチ・レーティングスは先月、中国の銀行が 保有する簿外融資は計2兆3000億元にも上るため、当局が発表す る融資統計は内容がゆがめられていると指摘した。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は、簿外融資を自行のバ ランスシート上に戻し、融資の焦げ付きに備えて貸倒引当金を積むよ う銀行に命じた。事情に詳しい関係者3人が今月11日明らかにした。

中国建設銀が供与した地方政府の資金調達機関向け融資の残高 は6月末時点で5800億元となった。同行の郭樹清会長が23日、 北京でのブリーフィングで明らかにした。このうち約23%は無担保 融資だが、リスクは「非常に小さい」と述べた。

--Luo Jun. With assistance from Li Yanping and Nipa Piboontanasawat. Editors: Brett Miller, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Luo Jun in Shanghai at +8621-6104-7021 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE