香港株(終了):ハンセン指数、1カ月ぶり安値-SINOPEC安い

香港株式相場は下落。ハンセン指 数が1カ月ぶり安値を付けた。アジア最大の製油会社、中国石油化工 (SINOPEC、386 HK)の4-6月(第2四半期)の減益で、世 界の経済成長に対する懸念が強まった。

SINOPECは1.6%安。中国最大の石油・天然ガス会社、ペ トロチャイナ(中国石油、857 HK)や海洋油田開発で国内最大手、中 国海洋石油(CNOOC、883 HK)も値下がりした。欧州最大の銀行、 英HSBCホールディングス(5 HK)は0.3%安。欧州中央銀行(E CB)当局者が刺激策を維持すべきとの認識を示したことも世界景気 への懸念を高めた。

キャセイ航空(293 HK)は1.5%高。子会社の香港ドラゴン航空 が労働組合との合意に達し、スト入りが回避されたことが好感された。

富昌証券のゼネラルマネジャー、藺常念氏(香港在勤)は、「世界 経済について、あきらめと失望の感がある」と指摘。「それが市場を圧 迫している」と付け加えた。

ハンセン指数は前週末比92.81ポイント(0.4%)安の20889.01 と、7月26日以来の安値で終了。同指数構成銘柄の値下がりと値上が りの比率は約3対1。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.9%安 の11670.39。

-- Editors: John McCluskey , Darren Boey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Kana Nishizawa in Tokyo at +81-3-3201-8374 or knishizawa5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE