米フェースブック「カータウン」にホンダが広告-ゲームで客をつかめ

道路沿いに掲げられたホンダの新 型ハイブリッドカー「CR-Z」のカラフルなキャンペーン広告は、 高速道路を走っていても見ることはできない。

ホンダは23日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(S NS)を運営する米フェースブックのバーチャルゲームサイト「カー タウン」に初めて広告を出した。ユーザーが自動車を選び、カスタマ イズできる同ゲームの利用者は260万人だ。

米国ホンダの広告担当バイスプレジデント、スティーブ・センタ ー氏はインタビューで「ロサンゼルスの高速道路では毎日、広告の前 を通過する20万人に見てもらうことが可能だが、『カータウン』の比 ではない」と述べた上で、「ゲーム開発会社などは非常に強力な販売チ ャンネルを構築していることに気付くだろう」と語った。

オランダ系ユニリーバのせっけん「ダブ」やブレイヤーズ・アイ スクリームは「ティキファーム」で広告を展開し、エナジャイザーの 電池は「ファミリー・フュード」で宣伝されている。米マイクロソフ トやカスケディアン・ファーム・オーガニック、米セブン・イレブン は6200万人余りが参加する牧場経営ゲームサイト「ファームビレ」 に広告を出している。

米調査会社イーマーケターによれば、SNSのゲームやアプリケ ーション内の広告は2011年に世界で2億9300万ドル(約250億円) と、09年比で60%増加が見込まれている。広告代理店の英ゼニスオ プティメディア・グループによると、09年のテレビ広告は1669億ド ルだった。

広告がオンライン媒体に移り、企業がネット市場で消費者を追い かける中、新聞・雑誌などの紙媒体は従来型の広告の減少に見舞われ ている。ゼニスオプティメディアは先月、12年の広告市場に占めるネ ット広告の割合は17.1%と、09年の12.7%から上昇すると試算し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE