中国西部水泥、香港取引初日に大幅高-IPO規模は13.9億香港ドル

中国のセメントメーカー、中国西 部水泥は、香港市場での取引初日となる23日、一時18%高となった。 同社の新規株式公開(IPO)は13億9000万香港ドル(約150億 円)規模だった。

西部水泥株は一時、1.99香港ドルとIPO価格の1.69香港ドル から上昇。香港市場の午前の取引が終了した午後零時半(日本時間同 1時半)時点では1.94香港ドルだった。ロンドン証券取引所の新興 企業向け市場AIMでの上場が廃止となる同社の香港でのIPO価格 は、仮条件の上限だった。

同社発表によると、IPOを通じて得た資金の46%は生産能力の 拡大に、残りは融資返済に回す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE