ニッセンH株3カ月ぶり高値、中国向け通販サイトの自社運営開始へ

20代から40代の女性をターゲッ トにカタログ販売を行う通販大手のニッセンホールディングス株が4 日続伸。中国向けの通販サイトの自社運営を8月下旬にも開始する予 定であることが分かり、中国への進出本格化に伴い、同国での事業規 模拡大を見込む買いが膨らんだ。

株価は一時、前週末比5.1%高の372円と5月18日(378円)以 来、約3カ月ぶりの高値水準を回復。午前終値は4.2%高の369円。

ニッセンH広報担当の小田一宏氏によると、同社は中国向けの通 販サイトを8月下旬をめどに開設予定。サイト開設時の商品数は、レ ディースやキッズ向けを中心に5000点になるという。価格は日本と同 程度で、商品は日本から輸出される。売上目標は公表していない。

「これまで子会社でやっていたことを自社で行うことにより、販 売商品枠の拡充を目指す」と、小田氏は述べた。

23日付の日本経済新聞社朝刊は、ニッセンHが中国向けの通販サ イトを開設し本格的に同国へ進出する、と報道。3年後に20億円の売 り上げを目指すとしていた。

経済規模の拡大を背景に中国のネットショッピング市場は成長傾 向を強めており、調査会社SBIリサーチが今月12日に公表している データによれば、2010年4-6月(第2四半期)の同市場規模は1112 億元で、前年同期比で97.5%増となった。うち、アパレル製品類の取 引規模は全体の18%を占めているという。中国の電子商取引、通販市 場に注目する動きは足元で活発化しており、伊藤忠商事も前週18日、 韓国のロッテグループと共同で、中国テレビ通販会社への出資を発表 するとの材料もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE