東京製鉄:9月鋼材価格、全品種引き上げへ-4カ月ぶり(Update1)

電炉最大手の東京製鉄は23日、 鋼材の9月契約価格について、全品種を引き上げると発表した。足元 でスクラップ価格が反発しているほか、中国の鋼材市況が上昇基調に あるのが理由。全品種値上げは4カ月ぶり。

H形鋼は1トン当たり前月比3000円高の7万2000円、熱延薄鋼 板(ホットコイル)は同2000円高の6万4000円、異形棒鋼は同 1000円高の5万5000円。厚板は同2000円高の7万1000円とした。

大堀直人常務は同日の会見で、「急落していた鉄鉱石やスクラッ プなどの原材料価格が急反発した」と説明、中国鋼材市況も上昇基調 に転じてきたと指摘した。その上で、「国内鋼材需要も大底から脱し、 秋からの需要期を迎え鋼材市況は大幅な改善傾向になると思われる」 と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE