中国石油化工:精製マージン、さらに低下か-原油高と燃料価格統制で

石油精製でアジア最大手、中国石 油化工(SINOPEC)のガソリンやディーゼル油の精製マージン がさらに低下する可能性がある。中国政府が燃料価格を統制している ため、原油コストの上昇分を顧客企業に転嫁できないためだ。

SINOPECは22日発表した決算報告で、原油コストが84% 高騰したため精製マージンが1-6月(上期)に45%低下したことを 明らかにした。4-6月(第2四半期)は10%の減益となった。1- 3月(第1四半期)は約40%の増益だった。

中国はインフレ抑制のため燃料価格を統制しており、今年に入っ て1回燃料価格を引き上げている。昨年は5回にわたって引き上げを 実施した。売上高の8割を石油精製・燃料販売事業が占めるSINO PECは、精製事業への依存度を軽減するため、油ガス田の買収の動 きを強める可能性がある。

UOBケイ・ヒアンのアナリスト、王傲超氏(上海在勤)は「政 府がすぐにでも石油精製品価格を再び引き上げなければ、このような マージンへの下押し圧力は第3四半期も続くとみられる」と指摘。「S INOPECは、利益を押し上げるため親会社からの良質な油田資産 の買収を増やす公算が大きい。そうすることで、政府規制に伴う精製 事業のリスクを相殺することができるだろう」との見方を示した。

SINOPECは原油埋蔵量を増やし収入源の多様化を図るため、 3月に、アンゴラにある油田の権益の一部を親会社の中国石油天然ガ ス集団(CNPC)から25億ドル(約2140億円)で取得することで 合意した。

--Wang Ying and John Duce in Hong Kong. Editors: Ryan Woo, Amit Prakash.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Ying Wang in Hong Kong at +86-10-6649-7562 or ywang30@bloomberg.net; John Duce in Hong Kong at +852-2977-2237 or Jduce1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Amit Prakash at +65-6212-1167 or aprakash1@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE