スイス中銀総裁:為替介入にも限度、インフレ抑制義務で-ターゲス

スイス国立銀行(中央銀行)のヒ ルデブランド総裁は、同中銀にはインフレ抑制の義務があるとして、 スイス・フランの上昇に外貨購入を通じて対応する余地は限られてい るとの見解を示した。同国紙ターゲス・アンツァイガーが21日、報 じた。

21日付の同紙とのインタビューで、総裁は「追加的な金融緩和政 策が長期的にインフレを引き起こす地点が限界だ」と話し、介入を検 討する際には、スイスの経済状況やインフレ見通しなどの「実情に大 きく左右される」と説明した。

また、必要であれば、スイス中銀はフラン高抑制で今後も介入で きるかとの問いに対しては、「もちろんだ」と断言した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simone Meier at +41-44-224-4134 or smeier@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE