ロンドン外為:円上昇、対ユーロで7週ぶり高値付近-景気鈍化の兆候

ロンドン時間23日朝の外国為替 市場では、円がユーロに対し上昇し、7週間ぶり高値に向かっている。 世界景気の回復鈍化の兆候から、逃避先としての円需要が高まった。 円は主要16通貨に対し全面高。

ロンドン時間午前8時2分(日本時間午後4時2分)現在、円の 対ユーロ相場は1ユーロ=108円54銭と、ニューヨーク時間20日遅 くの108円83銭を上回っている。前週末には7月1日以来の円高と なる108円26銭を付けた。ドルに対しては1ドル=85円37銭(前 週末は85円62銭)に上昇。

一方、ユーロは対ドルで1ユーロ=1.2714ドル(同1.2712ド ル)で推移。20日には1.2664ドルまで売り込まれ、先月13日以来 のユーロ安・ドル高となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE