豪総選挙:与野党ともに過半数に届かず-双方が政権に意欲

オーストラリアの総選挙は21日投 開票が行われ、与党・労働党と最大野党・自由党率いる保守連合とも に下院(定数150)で過半数(76議席)に届かなかった。労働党のギ ラード首相と自由党のアボット党首はそれぞれ次期政権に向けて意欲 を示した。二大勢力がいずれも過半数を確保できないハングパーラメ ント(中ぶらりん議会)は1940年の総選挙以来70年ぶり。

豪州の選挙管理委員会のウェブサイトによると、74.7%の開票時点 で労働党、保守連合ともに71議席を獲得。4議席が未定。独立系が3 議席、緑の党が1議席を得た。

自由党のアボット党首は21日夜、シドニーで支援者に対し、「現 政権が過半数を割り込み、正統性を失ったのは確実だ」と指摘、「今後 数日間に安定した政権を作るため独立系議員と話し合う」と語った。

ギラード首相も21日夜に支援者に対して、「次期政権が樹立され る中で、独立系議員が役割を果たすことになるだろう」と述べた。独 立系議員はどの政党を支持するか示唆していない。

オーストラリア国立大学のアンドルー・ヒューズ氏は21 日夜の電 話インタビューで、一部の議席で政党が投票の再集計を要求する可能 性があり、選挙結果が最終的に確定するまでに数週間を要する公算が あると指摘した。

バークレイズ・キャピタルの通貨ストラテジスト、アループ・チ ャタジー氏(ニューヨーク在住)は電子メールで報告書を送付し、選 挙結果について「オーストラリア・ドルにとってマイナス材料になる だろう」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE