電力各社:スマートグリッドインフラ投資6000億円、10年間-日経

東京電力など電力各社は今後10 年間、スマートグリッド(次世代送電網)のインフラ投資に6000億円 を投じる見通しと、21日付の日本経済新聞が報じた。太陽光発電の普 及で、変電所と家庭を結ぶ配電網で電圧が変動しやすくなるとみられ るため、自動的に電圧を安定化するインフラに刷新するという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE