中国:銀行の不良債権率が大幅上昇も、不動産下落なら-21世紀経済

中国で不動産価格下落の影響を最 も受けるのは、2009年に融資を大幅拡大させた国内の銀行になりそう だ。中国紙、21世紀経済報道が事情に詳しい複数の関係者の話を基に 伝えた。

同紙によると、不動産価格が50%下落する最悪のシナリオが現実 化した場合、中国銀行の不良債権比率は、不動産開発業者向け融資が 4ポイント、個人向けが2ポイント上昇することになる。中国民生銀 行もそれぞれ2.1ポイントと1.2ポイントの上昇になるという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Jun Luo in Shanghai at +86-21-6104-7021 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alex Devine at +81-3-3201-3521 or adevine3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE