ブラジル株(20日):ボベスパ指数続落、成長懸念-ウジミナス安い

20日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が2日連続で下落。世界的な景気回復ペースが衰え る可能性が懸念され、商品相場が下落したのを受けた。

鉄鋼メーカーのウジミナスが下落。英バークレイズによる投資判 断の引き下げが嫌気された。金属相場の値下がりを受けて鉄鉱石メー カーのヴァーレとMMXミネラサン・エ・メタリコスも安い。一方、 ディスカウント小売りブラジル最大手のロジャス・アメリカナスは上 昇。トレーダーの利上げ観測が後退し、買いが先行した。

ボベスパ指数は前日比209.98ポイント(0.3%)安の66677.16。 一時は0.8%安まで下落した。指数構成銘柄のうち、値下がりは37、 値上がりは26銘柄。今週の上昇率は0.6%となった。BM&Fボベス パ小型株指数は前日比0.5%高の1284.40。通貨レアルはほぼ変わらず の1ドル=1.7562レアルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE