8月20日の欧州マーケットサマリー:株が下落、自動車株安い

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.2713 1.2823 ドル/円 85.70 85.39 ユーロ/円 108.94 109.49

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 252.15 -1.75 -.7% 英FT100 5,195.28 -16.01 -.3% 独DAX 6,005.16 -69.97 -1.2% 仏CAC40 3,526.12 -46.28 -1.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .61% -.05 独国債10年物 2.27% -.04 英国債10年物 2.98% -.03

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,223.50 -10.00 -.82% 原油 北海ブレント 74.14 -1.16 -1.54%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は下落。1カ月ぶりの低水準をつけた。自動車メーカ ーや建設会社の株を中心に売られた。エネルギー企業は買収に向けた動 きが好感され、値上がりした。

フランス自動車部品ヴァレオとイタリアの自動車メーカー、フィア ットが下落。仏建設資材会社サンゴバンを中心に建設資材株は下落した。 スイスのセメントメーカー、ホルシムはアナリストによる株価予想引き 下げを材料に下落した。英石油・ガス会社デナ・ペトロリウムは上昇。 韓国石油公社がデナに敵対的買収を仕掛けたことが手掛かりだった。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%安の252.15。週間ベース では1.3%下げた。前日は米週間失業保険申請件数が9カ月ぶりの高水 準に増加したほか、フィラデルフィア連銀が発表した同地区の製造業景 況指数の落ち込みが嫌気され、欧州株が下落した。

シティ・インデックスの市場ストラテジスト、ジョシュア・レイモ ンド氏は「米国で発表される経済統計の内容が景気の弱さを示唆してお り、投資家は景気回復が弱く緩やかなものになると懸念している」と述 べ、「リスク志向は後退している。商いは最低限にとどまっており、値 動きの多くは一段と大きく振れた」と述べた。

ヴァレオは2.5%下落。ドイツのポルシェは1.6%値下がりした。 フィアットは2.2%安。

デナは6.1%高。韓国石油公社はデナへの友好的買収提案が拒否さ れたことを受け、同社に対する総額18億7000万ポンドの敵対的株式 公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

韓国石油公社の発表文によると、同社は1株当たり1800ペンスの 買収額を提示。これはデナが拒否した買収提示額と同額だ。発表による と、発行済み株式の計約49%を保有する株主から買収提案を支持する 趣意書を受け取ったという。デナは株主と転換社債(CB)保有者に対 し、行動を起こさないように呼び掛けた。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ30年債利回りが過去最低を記録した。株安 に加え、世界景気の減速を示す経済データで、緩和的な金融政策は長期 化するとの観測が広がったことが背景にある。

独10年債利回りも過去最低まで下げた。欧州中央銀行(ECB) 政策委員会メンバーのウェーバー・ドイツ連邦銀行総裁は、来年1-3 月(第1四半期)まで待ってからECBは緊急の融資措置を解除する時 期を決定するべきだとの考えを示した。米セントルイス連銀のブラード 総裁は前日の講演で、米国債の購入拡大が必要となる可能性に言及した。

この日はギリシャとアイルランド、ポルトガルの国債相場が急落。 ウェーバー総裁がECBの国債購入についてあらためて反対の意向を 示したことが売り材料となった。

クレディ・アグリコルCIBの金利ストラテジスト、ピーター・チ ャットウェル氏は、「世界的な見通しがますます曇る傾向が続いている」 と述べ、「ブラード総裁の発言はこうした水準を当面維持できる可能性 を意味する。利回りをさらに押し下げるような材料が出てきても驚かな い」と続けた。

独30年債利回りは2.888%まで下げた後、ロンドン時間午後5時 14分現在は2.89%となった。同国債(表面利率3.25%、2042 年7 月償還)価格は前日比1.555ポイント上げ107.37。

独10年債利回りは一時、前日比5ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下し2.263%を付けた。ストックス欧州600指数はこ の日、前日比0.7%安となった。

ギリシャ債利回り

ギリシャ10年債利回りは12bp上昇の10.88%となり、同年限 のドイツ国債に対する上乗せ利回りは851bpと、前日から18bp拡 大した。ギリシャ政府は20日、欧州連合(EU)とECBに対し65 億ユーロ(約7100億円)の融資供与を正式に要請した。緊急融資プロ グラムに定められた目標を達成したとの評価を受けた措置。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。2年債利回りが過去最低を記録した。世界的な 景気回復鈍化への懸念を背景に、最も安全な資産とされる国債に対する 需要が高まった。

2年債利回りは0.611%まで下げ、ブルームバーグがデータ集計を 開始した1992年以来の最低を付けた。10年債利回りは前日比2ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.98%。10 年債相場 は週間ベースで6月以降、最大の上げとなった。

欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS)がまとめた指数によ ると、英国債のリターン(投資収益率)はプラス8.6%。これに対し、 ドイツ国債はプラス8.9%、米国債はプラス8.4%となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE