ギリシャ国債、独ヒポ・レアルの保有が最大-BNPとソシエテも上位

ドイツの不動産金融大手ヒポ・ レアルエステート・ホールディングとフランスの銀行BNPパリバ、 ソシエテ・ジェネラルが、欧州連合(EU)域内の銀行の中でギリ シャ国債を最も多く保有している。EUの行政執行機関である欧州 委員会の報告書から分かった。

欧州委が20日公表した報告書によると、ヒポ・レアルは3月 時点でギリシャ債を79億ユーロ(約8550億円)相当保有してい た。報告はEUの銀行ストレステスト(健全性審査)からのデータ に基づいている。BNPは50億ユーロ、ソシエテは42億ユーロ を保有していたという。

ヒポ・レアルは、91金融機関を対象として実施されたストレス テスト(健全性審査)で不合格となった7社の1つ。ギリシャのデフ ォルト(債務不履行)懸念を背景にBNPやソシエテを含め欧州の銀 行株は今年、下落している。

欧州委はギリシャの「債務再編コストは同国にとってばかりでな く、ユーロ圏のほかの国にとっても高いものになる」とし、「名目値 のベースで、フランスとドイツ、英国の銀行の保有高が大きい。ただ、 各行のバランスシートの中での割合は相対的に小さい」と記述してい る。

欧州銀行監督者委員会(CEBS)のストレステストのデータ に基づいたギリシャ債の総保有高が大きい10社とその保有額は以 下の通り。データは欧州委が集計した。

     企業名                              保有額
                                      (億ドル)
1    Hypo Real Estate Holding AG         79
2    BNP Paribas SA                      50
3    Societe Generale SA                 42
4    Commerzbank AG                      29
5    ING Groep NV                        24
6    Royal Bank of Scotland Group Plc    24
7    Deutsche Bank AG                    17
8    Groupe BPCE                         15
9    HSBC Holdings Plc                   15
10   Landesbank Baden-Wuerttemberg       14
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE