テンプルトンのモビアス氏:新興市場国の株式を「非常に強く信頼」

テンプルトン・アセット・マ ネジメントのマーク・モビアス会長は、新興市場株に対し「非常に強 い信頼感」を抱いていると述べた。同氏はその理由として、先進国を 上回る経済成長ペースや外貨準備の規模の大きさ、さらに低い債務水 準を挙げた。

モビアス氏はブルームバーグ・ラジオのインタビューで、「今 は新興市場国の株式に注目しており、先行きを非常に強く確信してい る」と述べ、「経済的観点からみると、新興市場国の経済は極めて良 好で、内需も旺盛だ」と指摘した。

同会長は、新興市場のうちブラジルと中国、インド、タイおよ びロシアの株を特に多く保有していると話した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Thomas R Keene in New York at +1-212-617-6411 or tkeene@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Patterson at +44-20-7073-3102 or mpatterson10@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE