グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反落。週間ではハンセン指数が2週連続安となっ た。中国当局が資産バブル抑制策を維持するとの観測や、米国の週間 失業保険申請件数の予想外の増加で、世界経済見通しへの懸念が高ま った。

中国政府系の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華 潤置地、1109 HK)は2.7%安。人民日報が論説で7-12月(下期) のインフレ圧力に警戒するよう指摘したことが材料となった。ニュー ワールド・デベロップメント(新世界発展、17 HK)も1.9%値下が り。

交通銀行(3328 HK)は0.8%安。中国工商銀行(1398 HK) は0.7%安。中国本土の銀行は地方政府関連融資で6000億元相当の 引当金計上を迫られる可能性があると証券時報が報じた。

携帯電話端末などを製造する富士康国際(フォックスコン、 2038 HK)は0.9%安。先週の米新規失業保険申請件数は昨年11月 以来の高水準となった。

IGインベストメントで運用に携わるティム・レオン氏(香港在 勤)は、「中国の政策緩和が予想ほど早い時期に実施されることはな いとの懸念を市場参加者が抱いていたが、人民日報の論説はその恐れ を一段と確かなものにした」と指摘。また、「米経済指標の弱さが投 資家の信頼感への重しとなりつつある」と述べた。

ハンセン指数は前日比90.64ポイント(0.4%)安の

20981.82。指数を構成する43銘柄のうち、下落が33銘柄、上昇 が8銘柄、2銘柄が変わらずだった。今週1週間では0.4%下げて2 週連続の下落となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比

0.6%安の11779.67。

【中国株式市況】

中国株式相場は反落。インフレ圧力で金融緩和の時期がずれ込む との見方や、地方政府向け融資の引当金が銀行の利益を損なうとの観 測が広がった。

不動産開発の保利房地産集団(600048 CH)は2.9%安。人民 日報の論説がインフレ圧力を警戒すべきだと指摘したことが影響した。 同業の金地集団(600383 CH)も1.8%下げた。

中国の銀行最大手、中国工商銀行(601398 CH)は0.5%安。 招商銀行(600036 CH)は0.7%安。銀行は地方政府向け融資で 6000億元相当の引当金計上を迫られる可能性があると証券時報が報 じた。

銅生産の江西銅業(600362 CH)は4.3%安。米国の週間の新 規失業保険申請件数が予想外に増加し、世界経済が鈍化するとの懸念 が高まった。

浙商証券のストラテジスト、王偉俊氏(上海在勤)は、「インフ レ期待が高まりつつあり、中国人民銀行(中央銀行)が物価上昇圧力 を前に金融緩和をする可能性は低い」と指摘。また、「地方政府に対 する融資の焦げ付きリスクが引き続き銀行への重しとなるだろう」と 述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比45.67ポイント(1.7%)安の2642.31と、 今月10日以来の大幅な下落率となった。上海、深セン両証取のA株 に連動するCSI300指数は同1.9%安の2898.33。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のセンセックス30種株価指数は 2年半ぶり高値から反落した。スイス・クレディ・グループがインド の銀行セクターは「割高」と指摘したことを受け、金融銘柄を中心に 売られた。

住宅金融でインド最大手のハウジング・デベロップメント・ファ イナンス(HDFC)は少なくとも19年ぶりの高値から下げに転じ た。国内2位の銀行、ICICI銀行は1.9%安となった。クレデ ィ・スイスは、アジアの金融株の中では中国の銀行株を最も選好する との見方を示した。

SMCキャピタルズのチーフストラテジスト、ジャガンナダム・ トゥヌグントラ氏は「バリュエーション(株価評価)が懸念材料だ」 と述べ、インド株の上昇は行き過ぎだったとの見方を示した。

ボンベイ証取のセンセックス指数は前日比53.12ポイント (0.3%)安の18401.82で終了。前週末比では1.3%高となった。 HDFC(HDFC IN)の終値は0.8%安の639.95ルピー、ICI CI銀(ICICIBC IN)は4日ぶりに下落し、1.9%安の994.00ル ピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比48.1ポイント(1.1%)安の4430.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比4.10ポイント(0.2%)安の

1775.54。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比1.63ポイント安の7927.31。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比10.29ポイント(0.4%)安の2936.48。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比2.46ポイント (0.2%)高の1395.02。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比2.69ポイント(0.3%)高の893.92。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比12.37ポイント(0.4%)高の

3117.72。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比33.21ポイント(0.9%)高の

3593.60。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE