アイルランド中銀総裁:国有化のアングロ銀の問題は早期解決が必要

アイルランド中銀のホノハン総裁 は20日の東京での講演で、不良債権の大幅な増加により昨年国有化さ れたアングロ・アイリッシュ銀行について、投資家に与える影響が大 きいため、今後の扱いを早期に決定すべきだとの考えを示した。

ホノハン総裁は事前に用意された講演原稿で、「これは直ちに解決 する必要がある問題だ」と指摘。「この問題をめぐる不透明感は、国際 投資家に過度の影響を与えている」との見方を示した。

ホノハン総裁は今週、アングロ・アイリッシュ銀の支援でアイル ランド政府が負担するコストは純額ベースで約220億-250億ユーロ (約2兆4000億-7000億円)に達する可能性があるとの見通しを示 していた。同総裁は、アングロ銀の扱いについて、アイルランド政府 が推す選択肢が今後数週間以内に決まるだろうと述べた。

-- Editors: Russell Ward

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Finbarr Flynn in Tokyo at +81-3-3201-2541 or fflynn3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE