韓国石油公社が英デナに敵対的TOB-総額2490億円

韓国石油公社は20日、英デナ・ペ トロリウムへの友好的買収提案が拒否されたことを受け、同社に対す る総額18億7000万ポンド(約2490億円)の敵対的株式公開買い付け (TOB)を実施すると発表した。

韓国石油公社の発表文によると、同社は1株当たり1800ペンスの 買収額を提示。転換社債を買い取る方針も示した。発表によると、発 行済み株式の計約49%を保有する株主から買収提案を支持する趣意 書を受け取ったという。

ブルームバーグのデータによれば、韓国石油公社の提示額はデナ の19日の株価終値(1695ペンス)を6.2%上回る水準。デナ株は今年 に入り44%上昇している。

HMCインベストメント・セキュリティーズのアナリスト、チョ・ ソンヨン氏は、「デナが持つ埋蔵量と1日当たりの生産量を考慮すると 提示額は妥当だ」と指摘。提示額はダナを石油換算で1バレル当たり 約12ドル相当と評価しており、石油探査会社として10-13ドルの範 囲であれば適切だと説明した。

韓国石油公社は生産量を2012年までに2倍以上に引き上げるた め、企業買収やプロジェクトに今年約60億ドル(約5100億円)を投 じる計画。北海やアフリカ地域での生産に注力するデナは3月、昨年 の推定埋蔵量が石油換算で15%増え、2億2300万バレルになったと 発表した。

韓国石油公社は7月23日に買収提案額を1株当たり1700ペンス から1800ペンスに引き上げた。ブルームバーグのデータによると、こ の金額で買収が実現すれば、韓国企業による今年最大の外国企業買収 案件となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE