中信証券など中国の証券会社、香港部門てこ入れ強化-新制度発表控え

中国が国内株式・債券市場への海 外投資家による投資拡大を認める準備を進める中で、同国の証券会社、 中信証券(CITIC証券)と招商証券は、自社の香港部門に資金を 投じている。

両社は今週に入って、香港部門への資金投入計画について詳細を それぞれ発表した。投入額は2社合わせて5億2900万ドル(約451 億円)相当に上る。事情に詳しい関係者1人の話では、中国の証券当 局は、本土のブローカーやファンドマネジャーが香港で集めた人民元 建て資金を国内証券に投資できるようにするプログラム向けの規則の 草案を既に完成しているという。

この制度は中国の証券に投資する手段を提供することで、今年に 入り43%増加している香港の元建て預金116億ドル相当の本土企業に よる活用を可能にする公算が大きい。関係者によれば、同プログラム は一部の海外投資機関に元建て証券への投資を認める「適格外国機関 投資家(QFII)」制度と並行して運用されることになるという。

中国建設銀行の1部門、CCBインターナショナルの調査担当副 ディレクター、バニー・ラム氏は、「そうした制度は中国の証券会社の 香港事業拡大に貢献するだろう」と指摘。「これらの証券会社は中国本 土で得た研究・投資の専門知識を、香港の投資家への取引仲介サービ スや投資商品の提供に活用できる」と付け加えた。

同氏は中国証券監督管理委員会(証監会)が1カ月以内に新たな プログラムの規則を公表する、と予想している。公表前であることを 理由に事情に詳しい複数の関係者が匿名で語ったところでは、証監会 は規則の草案を国務院に送ったという。同関係者はそれ以上の詳細に は触れていない。匿名の証監会の報道官からのコメントはなかった。

--Eva Woo. Editors: Philip Lagerkranser, Andreea Papuc

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Eva Woo in Beijing at +86-10-6649-7537 or ewoo9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE