世界の株式相場、10-12月期に上昇する可能性は「十分」-HSBC

世界の株式相場について、HS BCグローバル・アセット・マネジメントは、投資家が経済成長見通 しに過度に悲観的になっている中、10-12月(第4四半期)に上昇す る「可能性は十分」にあるとみている。

HSBCグローバル・アセットのマクロ・投資戦略グローバル責 任者フィリップ・プール氏によると、経済成長は「従来のペースを下 回る」可能性があるものの、同社は二番底を見込んでいない。夏場終 了後の株式売買高の持ち直しや、主要各国中銀が利上げを手控える中 で流動性が高いことも、株価上昇に寄与するという。

2009年に過去最高の75%高となったMSCI新興市場指数は、 今年は年初来ほぼ変わらず。先進国株の指標MSCI世界指数は年初 から5.6%下落している。欧州のソブリン債危機や米景気回復ペース の鈍化、中国の不動産投機抑制の取り組みを受け、世界的な景気回復 に歯止めがかかるとの懸念が強まっている。

プール氏は、シンガポールでインタビューに答え、「市場は否定 的になり過ぎている。この状態はある時点で転換する」と指摘。「10 -12月期に上昇する可能性は十分にある。9月に入ると投資家の目が 年末に向き、リスク志向が強まるかもしれない」との見通しを示した。

同氏によると、HSBCグローバル・アセットは、債券より株式 を有望視。先進国株との比較で新興国株を「オーバーウエート」とし ている。主要新興国のトップピックはロシア。商品相場の見通しやバ リュエーション(株価評価)を理由に挙げている。

-- Editors: Reinie Booysen, Linus Chua

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Shiyin Chen in Singapore at +65-6212-1170 or schen37@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE