クレディ・スイス:アジア金融株で中国を最も選好-インドは売りを

クレディ・スイス・グループは、 アジアの金融株の中で中国の銀行株を最も選好している。一方、イン ドの銀行株については「割高」との判断を示した。

クレディ・スイスのアナリスト、サンジェイ・ジェイン、アナン ド・スワミナサン両氏は、中国工商銀行(ICBC)と中国建設銀行 の株式買い増しを投資家に推奨した。これに対しインド最大の銀行、 インドステイト銀行とHDFC銀行は保有株の削減を勧めている。

両氏はまた、オーストラリアの金融株の投資判断を「マーケット ウエート」に引き上げた。バリュエーション(株価評価)が一段と魅 力的になったと説明している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Shiyin Chen in Singapore at +65-6212-1170 or schen37@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE