シャープ株価が反落、堺工場で液晶パネルを生産調整の報道

シャープの株価が反落、前日比20円 (2.3%)安の857円まで売られている。20日付の日本経済新聞朝刊が、 主力の堺工場で月内に液晶テレビ向けパネルの生産調整に入ると報じた 点が材料。日経によると生産調整は米国や中国などでのTV在庫積み上 がりが理由で、1-2カ月の予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE