カナダ・ドル:下落-北米の成長減速を裏付ける経済指標を受け

19日の外国為替市場でカナダ・ド ルは対米ドルで3日ぶりに下落した。この日発表の米国とカナダの経 済指標は、北米地域の景気回復が勢いを失っているとの懸念を裏付け た。

リスク許容度の改善で世界的に株式相場が上昇したのに伴い、カ ナダ・ドルは一時、米ドルやユーロ、円に対して上昇していた。しか しその後、カナダの卸売売上高の予想外の減少や、米フィラデルフィ ア連銀の製造業景況指数が1年ぶりマイナスとなったことを受け、下 落に転じた。カナダ・ドルの米ドルに対する下落率は他の主要15通貨 に対する下げを上回った。米国はカナダにとって最大の貿易相手国。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時23分(日本時間20日午前 5時23分)現在、前日比1%安の1米ドル=1.0394カナダ・ドル(1 カナダ・ドル=0.9621米ドル)。一時は0.5%高となる場面もあった。 前日は1.0296カナダ・ドル。

カナダ国債相場は上昇。10年物国債(表面利率3.5%、2020年6 月償還)利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下 して2.91%、価格は24セント高の104.99カナダ・ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE