米インテュイット株が上昇:業績予想と自社株買い計画を好感

税務ソフト世界最大手の米インテ ュイットは19日、2011年7月通期の業績についてアナリスト予想を 上回る見通しを示すとともに、20億ドル(約1700億円)の自社株買 い計画を発表した。これを受けて同社の株価は時間外取引で5.8%上 昇した。

同社の発表によれば、11年7月期の売上高は少なくとも8%増の 37億4000万ドルを見込んでいる。一部コストを除いた1株当たりの 利益は少なくとも12%増加し2.36ドルとなる見通し。ブルームバー グのアナリスト調査では、売上高は37億2000万ドル、1株利益は

2.30ドルが見込まれていた。

また、インテュイットの取締役会は20億ドルの自社株買い戻し 計画を承認した。期間は向こう3年。前回の計画は7月末で失効して いた。同社は5-7月(第4四半期)に1億5000万ドルの自社株を 買い戻し、10年7月通期では総額9億ドルの自社株買いを実施した。

業績見通しと自社株買い計画の発表後、インテュイットの株価は 時間外取引で2.23ドル上昇し41ドルを付けた。ナスダック市場で の19日終値は38.77ドル。年初からは26%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE