NY金:7週ぶり高値、失業保険申請の増加で逃避需要-1235.40ドル

ニューヨーク金先物相場は上昇。 米失業保険申請が予想に反して増加したことで景気減速への懸念が強 まり、金は逃避先としての需要から7週間ぶりの高値を付けた。

米労働省が発表した14日に終わった1週間の新規失業保険申請 件数は前週から1万2000件増加して50万件と、ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想を上回った。世界経済が成長の 勢いを失いつつある兆しから、金は年初から13%上昇しており、株 のパフォーマンスを上回っている。

ガムコ・ゴールド・ファンドで運用に携わるシーザー・ブライア ン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「先行き不 透明感は極めて強く、景気回復はまだらだ」と指摘。金は「複数年に わたる強気市場に入っている。相場は上昇するだろう」と加えた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は前日比4ドル(0.3%)高の1オンス=1235.40ド ルで取引を終了。一時は1239.50ドルと、中心限月としては7月1 日以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE