米財政赤字:来年度も1兆ドル超、従来予想を修正

米議会予算局(CBO)は、 2011年会計度(9月末終了)の財政赤字が1兆660億ドル(約 91 兆円)になるとの見通しを示した。財政赤字の予想額は3月時 点の9660億ドルから引き上げられた。

CBOが19日発表した半期報告書によると、来年度の赤字予 想額は国内総生産(GDP)比で7%に相当する。景気浮揚策の必 要性が注目されている中で、赤字削減は今年11月の米中間選挙で 焦点の一つになる。

CBOのエルメンドーフ局長は、今回の修正は3月時点から大 きな変化はないと述べ、リセッション(景気後退)からの回復や一 連の救済策に伴う影響、景気浮揚のために投じた支出などで厳しい 状況に立たされた米国経済を反映していると指摘した。

同局長は、「米国は深刻な財政問題、深刻な経済問題に直面し ている」と述べた。CBOによると、今後10年間の累積赤字見通 しは6兆2700億ドル。3月予想の5兆9900億ドルから上方修正 された。

9月末で終了する今年度の財政赤字は1兆3400億ドルが予想 されており、対GDP比では9%に達する見通し。これは過去65 年間で昨年の9.9%に続く2番目に高い水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE