【5%ルール】ゴールドマン、フィデリティ、タワー、アライアンス

19日確認した大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。受け付けは各財務局。

インターナショナル・バリュー・アドバイザーズ・エル・エル・ シー:カナモト(9678)株式の保有比率を5.02%から6.04%に増や した。

アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー:グループ全体でバ ンダイナムコホールディングス(7832)株式の保有比率を7.96%から

6.61%に減らした。

インターナショナル・バリュー・アドバイザーズ・エル・エル・ シー:三浦工業(6005)株式の保有比率を7.22%から8.24%に増や した。

ウェリントン・マネジメント・カンパニー・エルエルピー:日本郵 船(9101)株式の保有比率を5.42%から3.42%に減らした。

タワー投資顧問:都築電産(9884)株式の保有比率を17.79%か ら18.91%に減らした。

フィデリティ投信:グループ全体で大和工業(5444)株式の保有 比率を11.04%から13.05%に増やした。

スパークス・アセット・マネジメント:大明(1943)株式の保有 比率を5.29%にした。

ゴールドマン・サックス証券:グループ全体でエルピーダメモリ (6665)株式の保有比率を5.24%から4.27%に減らした。

ゴールドマン・サックス証券:グループ全体で日本写真印刷 (7915)株式の保有比率を5.11%にした。

ゴールドマン・サックス・インターナショナル:グループ全体で ケネディクス(4321)株式の保有比率を7.5%から0.86%に減らした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE