財務副大臣:円高は輸出企業に悪影響、金融緩和効果には疑問

峰崎直樹財務副大臣は19日午後、 財務省内での定例会見で、円高で推移する為替相場について、水準に ついてはコメントしないとした上で、デフレ状況下では円高に推移し やすく、輸出企業に悪影響を与えるとの見方を示した。一方、デフレ 下の日本経済が「流動性のわな」にある中で、追加金融緩和の効果に は疑問があるとした。

副大臣は「物価水準が低下している中では、放って置くと円高に 推移しやすい」との認識を示した上で、これに対し政府・日本銀行が どのように判断をして、対処していくかが課題と指摘。また、円高が 「輸出企業につらい影響を与えていることは間違いない」と述べ、「ど のような配慮をしていくかだ」と語った。

一方、米国や欧州連合(EU)が通貨下落を容認し、輸出拡大を 図っているように見えると述べた上で、「お互いに近隣窮乏化政策みた いなことは、取らない方がよい。国際的な協調を図りながら進めてい く必要がある」と強調した。また、追加経済対策に関しても「世界的 にみると経済的な停滞がある」と述べ、「やるのなら国際的な場でしっ かり、共通してやるべきだ」との認識を示した。

日銀による追加金融緩和策については、日本経済がデフレ下で、 資金供給を増やしても金利が下がらない「流動性のわな」にかかって いるとし、「それを金融緩和で抜けられるのかということに非常に疑問 を持っている」と指摘。「決して日銀を擁護する訳ではない」としつつ も、流動性のわなにある中で、流動性を追加してもそこから脱却でき ないとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE