印タタ・モーターズ、資金調達でシティとクレディSを起用-関係者

インドの自動車メーカーで高級車 「ジャガー」や「ランドローバー」などのブランドを保有するタタ・ モーターズは、証券発行を通じて最高10億ドル(約859億円)を調達 するため、クレディ・スイス・グループとシティグループを起用した。 事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

関係者が公表前だとして匿名を条件に語ったところによると、タ タは今後1カ月以内に資本市場で調達する可能性がある。同社は、第 三者割当や異なる議決権の付いた株式、外貨建て転換社債も含めた選 択肢を検討しているという。

タタは6月、債務圧縮と事業拡大に向けて最大470億ルピー(約 866億円)を調達する計画を明らかにしていた。世界経済の回復によ るタタの高級車部門の販売増加を受け、米格付け会社スタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)は今月13日、タタの債務格付けを2年ぶ りに引き上げている。

タタの広報担当者、デバシス・レイ氏は電話取材に対し、資金調 達の方法は決まっていないと述べ、それ以上のコメントは控えた。ク レディ・スイスの香港在勤広報担当には現時点では連絡が取れておら ず、シティのムンバイ在勤広報担当はコメントを拒否した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE