中国株(午前):上昇-産金や石炭株に買い、インフレ加速の恩恵観測

19日午前の中国株式相場は上昇。 インフレ加速で資源株が恩恵を受けるとの観測で、金や石炭を生産 する企業が買われた。不動産開発株は軟調。

中国最大の石炭生産会社、中国神華能源(601088CH)は5月以 来の高値となり、石炭株の値上がりを主導した。競争力向上のため、 親会社から資産を受け入れるとの観測が背景。金相場の上昇を受け、 産金会社の山東黄金鉱業(600547 CH)は1.9%高。

不動産開発の万科企業(000002 CH)や保利房地産集団(600048 CH)が下落。上海市の当局が不動産保有コストを引き上げる可能性 があるとの中国紙、東方早報の報道が嫌気された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動 する上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現 在、前日比11.11ポイント(0.4%)高の2677.41。上海、深セン両 証取のA株に連動するCSI300指数は同0.4%高の2949.03。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE