テイクギヴ株が急反発、主力店の仙台を大型改装へ-集客率向上図る

ハウスウエディングの直営施設を 全国展開するテイクアンドギヴ・ニーズ株が前日付けた年初来安値 4110円から急反発、一時前日比12%高の4630円まで買われた。同社 は18日夕、主力店舗の1つである仙台の施設を大型改装、リニューア ルオープンすると発表。集客力の向上を見込む買いが膨らんだ。

リリースによると、改装されるゲストハウスはオープン7年目を 迎えた宮城県仙台市の「アーカンジェル迎賓館 仙台」。仙台駅周辺の ウエディング施設では、初の独立型チャペルも開設する。改装予定は 来年1月、挙式のバリュエーションを増やすことなどを通じ、同施設 の年間売上高は前年比120%水準、約1億5000万円の増加を目指す。

同社では2010年度に入ってから、集客力の競争力向上を図るため、 施設の大型改装を実施。今月には宇都宮、広島が再オープン、来年2 月には東京・白金もオープン予定だ。

同社が8月6日に公表した4-6月期(第1四半期)決算では、 連結営業利益が前年同期比41%減の5億2600万円となったが、前期 比6.7%増の27億円とする11年3月通期計画は据え置いた。説明資 料によると、人材など先行投資負担があるが、売上高はおおむね計画 通りと指摘。今期の取扱組数計画1万202組に対する6月末時点の受 注進ちょく率は78.7%と、前年同時点から0.3ポイント上がった。ま た、第1四半期の挙式披露宴単価も388万7000円と、前期上期の373 万円から向上しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE