米AIG:社債発行の可能性-公的資金返済に向け救済後で初

公的管理下にある米保険会社ア メリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、米証券取引 委員会(SEC)に提出した登録書で、公的資金返済に充てるため社 債を発行する可能性があることを明らかにした。

9日付の登録書によれば、株式を発行する可能性もある。AIG による社債発行の可能性については、米紙ウォールストリート・ジャ ーナル(WSJ、オンライン版)が18日の早い段階で報じていた。A IGは2009年7月17日に提出した登録書で株式発行に言及していた が、債券発行には触れていなかった。同社の広報担当マーク・ハー氏 はこの件でコメントを控えている。

ブルームバーグが集計したデータによれば、債券発行はAIGが 政府の救済を受け入れた08年9月以降で初めてとなる。米財務省の企 業再建担当の責任者を務めるジム・ミルスタイン氏は米議会の監視委 員会が5月に開いた公聴会で、AIGは資産売却や増益、リスク管理 改善に加えて、投資家から資金を調達できることを示す必要があると 述べていた。

AIGの救済費用は1823億ドル(約15兆6000億円)に上る。財 務省が出資する最大698億ドル、連邦準備制度理事会(FRB)の特 別融資枠600億ドルのほか、AIGが保有ないし保証する住宅ローン 関連資産の購入費用として最大525億ドルがこれに含まれる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE