グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反落。中国当局が住宅価格上昇と融資の潜在的デ フォルト(債務不履行)に対する抑制措置を強化するとの一部報道が 重しとなった。土地入札がアナリスト予想を上回ったことを受け、香 港の不動産開発株は上昇した。

中国建設省傘下の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK)は

2.1%安。中国政府系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、 1109 HK)は1.4%安。時価総額で中国最大の銀行、中国工商銀行 (1398 HK)は1.1%下げた。

一方で、資産家の李兆基氏が率いるヘンダーソン・ランド・デベ ロップメント(恒基兆業地産、12 HK)は0.9%高。利益倍増を発表 した中信泰富(267 HK)は4.2%高と買われた。

デルタ・アジア・セキュリティーズの株式市場責任者、コニー タ・フン氏は、「1-6月(上期)には多くの引き締め措置が導入さ れた。したがって今後、個別企業レベルでは、一部企業が政策の影響 を受け、資本減少圧力に直面する可能性がある」と述べた。

ハンセン指数は前日比114.70ポイント(0.5%)安の

21022.73。指数を構成する43銘柄のうち、下落が27銘柄、上昇 が15銘柄、1銘柄が変わらずだった。ハンセン中国企業株(H株) 指数は0.4%安の11711.04。

【中国株式市況】

中国株式相場は4営業日ぶりに反落。中国人民銀行(中央銀行) 貨幣政策委員が不動産取引の抑制策は逆行させるべきではないと発言 したことが伝わり、不動産株を中心に軟調だった。この日が取引初日 となった光大銀行は大幅高となった。

不動産開発の保利房地産集団(600048 CH)は1%安、万科企 業(000002 CH)は1.7%安。人民銀貨幣政策委員の夏斌氏が、不 動産市場対策を当局は急ぐべきではないと述べたと金融時報が伝えた。 光大銀行(601818 CH)は18%高。同社の新規株式公開(IPO) 規模は、今年に入って中国2位となっている。

銅生産で中国4位の雲南銅業(000878 CH)は1.9%高。1- 6月(上期)決算での黒字化が好感された。中国最大の自動車メーカ ー、上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)は4.1%上昇。 国有自動車メーカー16社が電気自動車開発で提携したとの上海証券 報の報道が手掛かり。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比5.59ポイント(0.2%)安の2666.30。 過去3営業日では計3.7%上昇していた。上海、深セン両証取のA株 に連動するCSI300指数は前日比0.2%安の2937.36。

金元比聯の投資責任者、ラリー・ワン氏(北京在勤)は、「経済 指標で景気のさらなる悪化が示され次第、相場回復は終わる」と指摘。 その上で、「景気減速は引き続き緩やかなものとなり、株式相場の大 幅安を防ぐだろう」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。7月の米鉱工業生産が事前予想の2倍の 伸びとなったことで、世界の需要が十分に力強く企業利益を押し上げ るとの投資家の自信が強まった。

インド2位のソフトウエアサービス企業、インフォシス・テクノ ロジーズを中心にソフトウエア銘柄が上昇した。米連邦準備制度理事 会(FRB)が17日に発表した7月の鉱工業生産指数は前月比1% 上昇と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値の2倍 の伸びとなった。

発電所建設を手掛けるGMRインフラストラクチャーは3カ月ぶ り高値。事情に詳しい関係者2人が、同社が電力会社インタージェン の保有株売却で交渉を進展させていると明らかにしたことが手掛かり。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

208.27ポイント(1.2%)高の18257.12と、2日以降で最大の値 上がりとなった。インフォシス(INFO IN)の終値は2.1%高の

2807.25ルピー、GMR(GMRI IN)は4.3%上げ62.55ルピー で引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比2.1ポイント(0.1%)安の4474.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.96ポイント(0.4%)高の

1761.99。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比6.99ポイント(0.1%)安の7924.10。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比3.99ポイント(0.1%)安の2919.37。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比7.04ポイント (0.5%)高の1385.51。

【タイ株式市況】

タイ株式市場では、指標のSET指数が前日比14.24ポイント (1.6%)高の880.02と、2008年5月以来の高値で引けた。

上場企業としてはタイ最大のゴムメーカー、スリトラン・アグロ インダストリー(STA TB)は5.8%上げ、5週間ぶりの大幅高とな った。同業のタイ・ラバー・ラテックス(TRUBB TB)は4.9%上昇。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前営業日比19.49ポイント(0.6%)高 の3072.09。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比32.55ポイント(0.9%)高の

3534.80。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE