富士康:中国全土で従業員の士気高める集会を開催-自殺問題に対応

台湾系の企業グループ、富士康 (フォックスコン)は、中国で従業員の士気を高める集会を開いてい る。同社では3カ月前に中国人従業員の自殺が相次いだが、一部の拠 点では自殺防止用ネットも取り外す。

PR会社バーソン・マーステラーは、富士康に代わって電子メー ルで配布した集会の招待状に、「富士康は悲劇的出来事を振り返り、教 訓を学び、従業員に『あなたは独りではない』という重要なメッセー ジを送る時が来たと感じている」と記した。

中国全土の工場などでの集会には最大で計5万人の従業員が出席 する可能性がある。富士康がブルームバーグ・ニュースに送付した電 子メールで明らかにした。

富士康科技集団で最高経営責任者(CEO)の特別アシスタント を務めるルイス・ウー氏は18日の電話取材で、山西省の太原にある同 社拠点に張った自殺防止用ネットを取り外していることを明らかにし た。従業員の大半が地元出身で家族や友人の支援を受けられるためと している。他の拠点では、今のところ除去の予定はないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE