中国の交通銀行:4-6月29%増益、経済成長で融資が拡大

中国5位の銀行、交通銀行の4 -6月(第2四半期)の利益は前年同期比29%増加した。中国の高 い経済成長を背景に、融資収入や利ざやが拡大した。

18日の同行発表によれば、純利益は99億1000万元(約1240 億円)。前年同期の76億6000万元から増えたものの、ブルームバ ーグがまとめたアナリスト7人の予想平均(103億元)には届かな かった。

1株当たりの利益は0.19元で、前年同期の0.15元から増加。 第2四半期の不良債権引当金は26億6000万元。前年同期の25億 6000万元を上回った。

同行の銭文揮副頭取は18日、記者団に対し、中国銀行業監督管 理委員会(銀監会)から銀行に、住宅価格が30%、40%および 50%下落するケースを想定した新たなストレステスト(健全性審査) の実施が指示されたと述べた。

銭副頭取によると、最悪のシナリオを想定した場合、同行の不動 産融資の不良債権比率は1.6ポイント、個人融資の不良債権比率は

1.2ポイント、それぞれ上昇する。18日の同行発表によると、6月 30日時点の不良債権比率は1.22%と、3月末の1.27%から低下し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE