BP:借入金利が前年の3倍に、原油流出事故関連の資金調達で

メキシコ湾原油流出事故の清掃費用 が500億ドル(約4兆2700億円)に達すると見込まれる中で、英BPの 借入金利が前年のおよそ3倍に達している。

2人の関係者が明らかにしたところによると、BPは50億ドルの5 年ローンを組むために指標金利よりも2.5ポイント高い金利からの交渉 を進めている。同社が2月に公表した年間報告によると、昨年の変動利 付債206億ドルの金利はすべて込みで1%だった。

BPの借り入れコストは、原油の売却を初めて担保にしても急上昇 した。4月20日に起きたマコンド油井の爆発事故で米国史上最悪の海洋 汚染を引き起こして以来、同社の資金調達に混乱が起きている。

オリール証券のアナリスト、ブレンダン・ワイルダーズ氏は「BP が資産を担保に資金を調達し始めているということは、これまでのよう に銀行市場から資金を直接調達できなくなっているということだ」と指 摘した。

BPの広報担当者、マーク・サルト氏は、今回のローンは同社が資 産を担保にした初のケースとしながらも、資金調達の詳細については明 らかにしなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE