米PMI、住宅ローン保険株の上昇をけん引-ポールソンが株取得で

17日の米株式市場で、PMIグ ループの株価が過去4カ月間で最大の上昇となり、住宅ローン保険株 の上げをけん引した。同社株500万株の取得を資産家ジョン・ポール ソン氏が経営するヘッジファンド会社ポールソンが開示したことが手 掛かり。PMIは12四半期連続の赤字決算となっている。

ブルームバーグの集計データによると、ポールソンはPMIの第 9位の株主となった。同社が16日に米証券取引委員会(SEC)に 提出した6月末時点の保有状況の届け出で明らかになった。

住宅ローン保険各社は、2007年に計上し始めた損失からの黒字 転換を目指し、審査基準を厳格化し保険料を引き上げた。景気回復で ローンの延滞ペースは鈍化するとの見方から、PMIの株価は過去1 年間で32%上昇している。

マッコーリー・グループのアナリスト、マシュー・ハウレット氏 (ニューヨーク在勤)は17日のインタビューで、住宅ローン保険銘 柄は住宅市場の安定化と回復を見越して投資する対象だと指摘。その 上で、ポールソン氏は「PMIを生き残り企業とみているのだろう。 同業種の中で株価が他社より最も割安となっている」と説明した。

同日のニューヨーク株式市場でPMIの終値は前日比40セント (15%)高の3ドルと、ラッセル2000指数構成銘柄のうち上昇率2 位。米同業最大手のMGICインベストメントは同5.2%高の7.76 ドル。同2位のレーディアン・グループは同6%高の7.03ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE