豪英BHP:加ポタシュへの敵対的買収提案を検討-関係者

英・オーストラリア系資源会社B HPビリトンはカナダのポタシュに対する390億ドル(約3兆3400 億円)規模の敵対的買収提案について、今週中にもポタシュの株主に 直接持ち掛ける可能性がある。事情に詳しい関係者2人が明らかにし た。

同計画が公表されていないことを理由に関係者が匿名で語ったと ころでは、最終的な決定は下されていないが、BHPが投資家との協 議を前に買収額を引き上げる公算は小さい見通し。ポタシュは17日、 BHPからの1株130ドルでの買収提案を「甚だ不適切」として拒否 し、既存株主の権利を高める買収防衛策を取った。

ポタシュの17日の株価終値は前日比28%高の143.17ドル。B HPの買収提示額はポタシュの16日の株価終値を16%上回るが、 2008年6月17日に付けた最高値239.50ドルは46%下回る水準。

ポタシュのビル・ドイル最高経営責任者(CEO)はアナリスト との電話会議で、BHPの買収提案のタイミングについて「極めて日 和見主義的で、ポタシュの株式バリュエーションが例外的水準となっ た機会を利用しようとする露骨な試みだ」と述べた。

BHPの広報担当者、ルバン・ヨガラジャ氏は同社の戦略に関す るコメントを控えた。ポタシュの広報担当者、ビル・ジョンソン氏も コメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE