【個別銘柄】日電産、浜松ホ、ディスコ、ABCマト、近畿車、アイン

きょうの日本株市場で、株価変動 材料の出た銘柄の終値は以下の通り。

日本電産(6594):前日比3.4%高の7390円。米電機エマソン・ エレクトリックのモーター事業を買収する、と取引開始前に発表した。 2015年度に売上高2兆円の企業グループ形成をにらむ中長期戦略の一 環と説明。取得額は非開示としたが、18日付の日本経済新聞朝刊によ ると600億-700億円程度で、日電産にとって過去最大の買収という。 日電産の既存事業とのシナジー(相乗)効果などが期待された。

浜松ホトニクス(6965):6.4%高の2606円で東証1部の上昇率5 位。MSCI指数を算出するMSCIバーラは17日、四半期ごとの組 み入れ銘柄見直しを行い、日本株に関してはMSCIグローバル・スタ ンダード指数に浜松ホトニクスを新規に採用したと発表した。MSCI 指数連動のファンドを運用するグローバルな投資家は多く、ファンドの 組み入れを見越した買いが入った。

エービーシー・マート(2670):4.8%高の2801円。MSCIバー ラが17日、ABCマト株のFIF(外国人投資家可能浮動株比率)を 引き上げたことが材料視された。為替が円高トレンドにある中、円高メ リットを享受できる銘柄としても再評価された。

ディスコ(6146):4.4%安の4670円。ドイツ証券の日暮善一アナ リストは17日、「収益は急回復を遂げつつあるが、半導体需要は踊り 場を迎えつつあり、製造装置受注も早晩減少に転じる可能性が高い」 (17日付のリポート)などと指摘し、投資判断を「買い」から「ホー ルド」、目標株価を9000円から4480円に引き下げた。

近畿車両(7122):5.8%高の419円。午後に入り一段高。同社と 三菱商事(8058)、東芝(6502)の3社は東京株式市場の昼休み中、エ ジプトのカイロ地下鉄向け車両を合計88両、11編成受注したと発表。 今後の業績計上を見込む買いが優勢になった。同車両は12年から13年 にかけて順次納入される予定。

輸出関連株:キヤノン(7751)が1%高の3580円、ニコン(7731)が

1.6%高の1511円、コマツ(6301)が2%高の1817円など。小売り最 大手のウォルマート・ストアーズなど米消費企業の決算好調と、為替の 円高一服を受け、企業業績に対する過度の懸念が後退した。ニコンに関 しては、ドイツ証券が17日、投資判断を「ホールド」から「買い」に 引き上げ、露光装置やカメラの競争力改善を評価した。

アインファーマシーズ(9627):10%安の2753円で、東証1部の 値下がり率1位。公募による新株発行と第三者割当増資を実施して最大 58億円を調達するト17日発表。第三者割当増資の割当先はセブン&ア イ・ホールディングス(3382)。発行済み株式数は最大13%ほど増え るため、1株価値の希薄化や需給悪化懸念から売りが優勢だった。

SHO-BI(7819):3.9%高の582円。東京証券取引所は17日 に、同社株の東証2部上場を承認した。上場予定日は9月3日。現在は 大阪証券取引所ジャスダックに上場している。知名度向上や機関投資家 資金の流入などを見込む買いが先行した。

JVC・ケンウッド・ホールディングス(6632):4.2%高の248 円。音響設備最大手ヒビノ(2469)と資本・業務提携する、と18日付 の読売新聞朝刊が報道。子会社ビクターアークスの株式3分の1超を 10億円で売却し、ヒビノから役員も受け入れるとしている。

液晶関連株:シャープ(6753)が0.6%安の860円、日本電気硝子 (5214)が0.4%安の959円など。クレディ・スイス証券では、液晶市 場は7月下旬から8月上旬に底割れした、と指摘した。

富士重工業(7270):2.6%高の483円。株価が割安だと評価し、 BNPパリバ証券は17日、投資判断を「ホールド」から「買い」に引 き上げた。

セゾン情報システムズ(9640):7.1%高の696円と連騰。17日の 大量保有報告書によると、エフィッシモ・キャピタル・マネジメントが グループ全体で保有比率を従来の12.95%から14.36%に引き上げたこ とが確認されている。

スカイマーク(9204):6.0%高の492円と5連騰。一時505円ま で上げ、連日の年初来高値。16日に公表されている夏季期間中(6- 15日)の輸送実績によると、羽田-札幌、羽田-那覇などを中心に全 路線の総搭乗者数は前年比35%増えていた。いちよし経済研究所では、 17日付で投資判断「買い」を継続。

ソニー(6758):0.7%高の2559円。「プレイステーション3」の 新モデル2種類を投入すると発表した。大容量化したハードドライブを 搭載している。ソニーの欧州エンターテインメント部門を率いるアンド ルー・ハウス氏が17日、ドイツのケルンで開催されているゲーム業界 のイベントで記者会見した。

日本板硝子(5202):0.5%高の225円。中国天津市で省エネガラ スの事業を拡大する、と17日に発表。上海耀華ピルキントンとの合弁 会社に総額45億円を投資し、フロートガラスとコーティングガラスの 設備を増設する。中国市場での商機拡大を見込む買いが先行した。

アウンコンサルティング(2459):1.4%安の1万7550円。株式売 却損を計上するため、11年5月期の連結純利益は従来予想と比べ33% 減の1900万円の見通しになった、と前日発表。業績懸念の売りが出た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE